スペイン語レッスンの流れ
頑張らなくても 毎日続けられる このレッスン方式が、わたくしどもデイリーコールの最大の特長です。
電話が鳴るのは 毎日同じ時間帯で、毎回予約するような面倒はありません。
一回の申し込みで、10レッスン (2週間) または 20レッスン (4週間) を申し込むと、後は放っておいても毎日同じ時間帯に講師から電話が入ります。
これが日本で一番楽にレッスンを続けられるスペイン語教室のレッスンの流れです。 もちろん毎日スペイン人とスペイン語会話を続けられるので、どなたにも効果が出ます。 これまで 『 続けてみても効果が出ない・・・ 』 という方は 、唯の一人もいらっしゃいませんでした。
毎日(=デイリー)、講師からかかってくる電話(=call)でレッスンをする。 この最大の特長を名前にして、社名をデイリーコールと名付けました。
日本で初めての講師からの押しかけ式のレッスンで、三日坊主の方にも最後まで続けて頂けるシステムを実現しました。
スペイン語会話教室ではまだご利用頂けないサービス
・ビジネス プログラム
・講師の途中変更 ( 時間帯によりましては変更可能です)
・特別体験コースのフリートーク以外の会話プログラム
・教室事務局にお電話頂いての無料補講・無料体験
またスペイン語教室のレッスン時間帯については教室事務局までお問い合わせください
電話スペイン語教室の前身
電話で外国語の会話レッスンをする。2000年に英会話で始めた電話レッスンはNHKテキストでの宣伝などにより徐々に広がり、2017年1月度には累計レッスン数が160万レッスンを超えました。
英会話の電話レッスン教室はかつては数校ありましたが、その代表校として当校は日本経済新聞の一面に紹介され、またNHK総合テレビの「あさイチ」や、フジテレビの「めざましテレビ」などの人気テレビ番組でも、電話レッスン教室の代表として紹介されてきました。
現在では一般の生徒様以外に、都銀、大手ゼネコンなど国内企業をはじめとして、海外の国際生保会社、医薬品会社、食品会社、自動車会社などにも毎日のレッスンを提供しております。
スペイン語以外の言語では、英語、フランス語、ドイツ語を教えており、5つ目の言語として中国語教室を始めました。