Enrollment
…レッスンを試聴中…
音声が再生されるまで
暫くお待ちください

プチ 旅行英会話レッスン

海外旅行が決まっても英会話学校にも行くぞ、という人は少数派… でも少しは英会話の勉強もしてみたい、という方に旅行英会話レッスンのご紹介!
3000円でネイティブとの「プチ 旅行英会話レッスン」を、自宅でご受講頂けます。効果抜群の電話レッスンは貴方の海外旅行を10倍楽しくします!
特に海外旅行デビューの方にはお薦めです。

あさイチ、めざましテレビでも紹介されました

  

「プチ旅行英会話レッスン」はテレビ各局で紹介された電話英会話学校のデイリーコールが提供します

料 金 (テキスト代、税込み)

「プチ旅行英会話レッスン」は、入学せずにご利用頂けます。

海外旅行英会話1

プチ旅行英会話レッスンとは

旅行英会話の‘最必須’を身に付ける

『 絶対無理っ! 』と思っていたのに、一度経験してみたら抵抗がなくなった、という事ってありませんか? 英会話もそうです! 海外旅行前に ‘たとえカタコト英語ででも’ ポイントを押さえながら喋っておくことで、空港でもホテル・レストランでも、気後れせず海外旅行中に英会話できるようになります。

旅行英会話のポイントを実践訓練

旅行前に英会話を練習しておくと、初めての海外旅行の楽しさが倍増します。
英会話を経験せずに、旅行英会話フレーズを丸暗記しただけで渡航した人は、海外で外国人から想定外の返事や質問をされると、パニックに陥ります。暗記した旅行英会話フレーズに無い 想定外の問答 になった途端、頭が真っ白に… そんな「真っ白になった人」を、空港でもレストランでもよく見かけます。当校のレッスンでは、その旅行英会話の一番大切な事を実践体得します。

プチ旅行英会話レッスン

1. 旅行英会話レッスンは講師から受講者に電話して、電話レッスンで行います。
2. 講師はネイティブ中心で、一部日本人講師もいます。海外旅行経験の豊富な講師ばかりです。
3. 旅行英会話の受講時間は朝5時から夜1時まで。5回コースは月~金曜日に同じ時間帯で行います。
4. 各コースとも原則として当校のオリジナル海外旅行英会話テキスト(申込者に無料送付)を使用します。
5. 欠席された場合は日本人スタッフによる補講を受けられます。詳細はご利用規約をご覧下さい。
      

旅行英会話は、お電話で

コンパクトな電話英会話コースは 時間もお金もセーブできますが、それ以上に 即効性がポイントです
短時間で高い効果の出る電話レッスンだから、この「プチ旅行英会話レッスン」はピッタリなのです。
  ⇒ 即効性の説明はこちらで

❢ 旅行先に住む講師と喋れる!?

当校ではアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアに在住する講師も「プチ旅行英会話レッスン」のレッスンを行います。これから貴方が渡航する国に住んでいる講師とのレッスンは臨場感があって、旅行前からウキウキできて楽しさ二倍です。

海外旅行英会話4
 

コースとテキストについて

■15分間 1回 コース ¥3.000

全曜日の朝5時~夜1時に行います。
当校のオリジナル海外旅行英会話テキストのポイント部分を使用しながら「 とにかく英会話 = 外国人に慣れる 」という目的を実践します。初めての旅行英会話で一番大切な「聞き返し」、「ゆっくり喋ってもらう」などを中心に、ロールプレイングすることで、欧米人と話す事への垣根を取り払います。

■25分間 1回 コース ¥4.500

全曜日の朝5時~夜1時に行います。
当校のオリジナル海外旅行英会話テキストを使用する15分間レッスンの拡大版として、より広く旅行英会話を実践します。◯◯について練習したいというご希望にも応じる事が出来ます。 また、25分間は相当に長い為、本当に英会話に自信がなく、ゆっくりしたペースで練習したいという方にもおすすめです。

■10分間 5回 コース ¥7.800

月~金曜日の朝5時~夜1時に、毎日同じ時間帯で行います。
当校のオリジナル海外旅行英会話テキストを使用して英会話初心者の方でも『 海外でも何とかなりそう・・・ 』と思えるほど、英会話に慣れる事が出来ます。当校のテキストのポイント部分を急ぎ足でレッスンします。旅行英会話と言っても、実はただの日常英会話。特別な事などなく、相手にゆっくり喋ってもらい、こちらの言葉を理解してもらうコツが分かれば、海外旅行の楽しさは倍増します。

■マイプログラム・コース

上記の3コースのいずれかをお申込み頂いた上に、別料金を加えて頂き、マイプログラムをご利用頂けます。マイプログラムは当校のオリジナル旅行英会話テキストを使用せず、受講者のご希望の英字資料などを元にレッスンします。旅行先の美術館のパンフレットや、観光案内など、事前に講師に確認の上、お申込み頂けます。費用は上記の3コースの料金以外に加えて、3,000円+実費(2冊分のテキスト代金。=生徒様ご自身の分と講師の分、講師へのテキスト送付代)が必要です。

オリジナル海外旅行英会話テキスト

プチ旅行英会話ご利用者には無料提供します

ご旅行前の短い期間で、旅行英会話の初歩的フレーズを身に付けたい方向けのプログラムです。旅行英会話アプリなどで勉強する事などを実際に使えるようにします。

TOEIC : 230点位  CEFR : A2

  ⇒ テキストの内容はこちらで

マイプログラム。別途費用がかかります

マイプログラム。ご希望の資料でレッスンします

マイプログラムでは、貴方の希望する書籍等を使用して、海外旅行英会話の練習をすることもできます。自分の行きたい国、街、店の情報誌などを使用しての事前勉強は、海外旅行英会話の準備としては楽しく、また万全と言えるかもしれません。

TOEIC : 120点 ~ 950点  CEFR : A1 〜 C1

お申込みの方法

プチ旅行英会話レッスンのお申し込みはお電話で承ります。
03-5927-5611 までお電話下さい。

お振込先

お振込み先の銀行口座は下記の通りです。

ご利用規約など

※1 海外旅行英会話レッスンの受講料は、全国同一料金です。
※2 料金のお振込・お振替にかかる費用は、ご利用者負担でお願いします。
※3 レッスン時間はおおよその時間です。授業の進行状態により、多少長くなる事も、短くなる事もあります。
※4 お申込み。お振込み後にキャンルされる場合は、キャンセル手数料として1000円と、振込手数料の実費をご負担頂きます。
※5 ご利用者のご事情で受講できなかった場合は、当社日本人スタッフによる補講レッスンをご利用頂けます。このレッスンはご利用者からお申込み頂いた上で、ご利用者からお電話頂いて行います。なおこの補講レッスンは、ご利用者の旅行前の実施を保証するものではありません。予めご了承下さいませ。
※6 天災・事故などによる停電、電波障害によって旅行英会話レッスンをご受講頂けなかった場合には、ご受講頂けなかった分を全額ご返金します。

          

プチ旅行英会話のテキスト

thumb  

プチ海外旅行英会話レッスンにお申込み頂いた方には、デイリーコールのオリジナル旅行英会話テキストを差し上げます。
レッスンは、お申込みのコースの時間 と 生徒様のご希望に応じて、このテキストの中から必要部分を利用して行います。またこの旅行英会話テキストにないご旅行中の行事などがある場合、講師にご相談頂くと出来る限り対応させて頂きます。
なおこの下に、各レッスンのテーマと内容の一部をご紹介しています。
 ⇒ 元に戻る

「 話しかける 」 旅行英会話の最初のレッスンは、こちらから気軽に話しかける練習です。自分から話しかけずに誰かに話しかけてもらうのを待っていたら、海外旅行中に一度も英会話できずに終わってしまうかも・・・   このレッスンでは気軽に話しかける練習をします。ここでのフレーズの練習は旅行から帰られた方に『 思った以上に役に立った! 』と言われます。
1. 話しかける英会話フレーズはこれ。一部の旅行アプリや旅行英会話の本では固いフレーズで話しかけるものもありますが、気軽に話しかける練習をして下さい。
2. 話しかけた後は、万国共通で天気の話題が無難。旅行英会話でも「It's really nice today. ( いい天気ですねぇ)」と言うと、良いきっかけ作りになります。
3. 外国人との英会話を切り上げて旅行を続けたい時のフレーズとして、こんな言い方は如何でしょう?  時計に見やりながら「 Oh! I have to be going. Nice meeting you. 」と言うと「忙しい旅行中なので・・・すみません・・・」という感じが出て良いですね。
 ⇒ 元に戻る
     


「 お礼を言う 」 日本人は「どうも」、「すいません」を良く使うと言われますが、英会話では「Thank you.」をよく使います。旅行中はちょっとした時でも、このフレーズを積極的にご使用になると良いです。  一方、慣れておいた方が良いのが旅行中に、こちらが「Thank you.」と言われた時のフレーズです。これは反射的に言う方がよいので、練習しておきたいものです。
1. 「お手数をおかけしました」という時の「Thank you for everything.」というフレーズも、使い勝手の良いフレーズです。海外旅行中にも使う場面が多そうなフレーズです。
2. 同様に「お時間を割いてくれて有難うございます。」という時の「Thank you for your time.」も気持ちが伝わる英会話フレーズです。いずれも使いこなして海外旅行中に「Thank you very much.」一辺倒というのは避けたいものです。  。
3. 一方、相手の好意・申し出を断る「ありがとう。でも、いいです。」「Thanks, but that's OK.」は身に付けておくと便利な言葉です。「Thanks, but no thanks.」でも良いですね。旅行中結構使うフレーズです。「ノーサンキュー」は日本国内で日本語として使う人もいて、もちろんこれも英会話の慣用フレーズです。
4. そして旅行中に貴方が「Thank you.」と言われた際は、「どういたしまして」という意味の「Sure, No problem.」、「いつでもどうぞ」という意味の「Anytime」も覚えておきたい旅行英会話のフレーズです。
 ⇒ 元に戻る
     


この章は「聞き直し」です。海外の旅行英会話の中で最も使うフレーズ英会話のやり取りの間合いを、このレッスンで身に付けて下さい。
ネイティブの英会話のスピードはとても速く、海外旅行の初心者が聞き取るのは不可能です。そこで聞き返す事が必要なのですが、あまりに早口なので、いつどういう風に「Pardon me?」と切り出すのかは難しい問題です。英会話アプリや旅行英会話本ではできない、生身のネイティブとのやり取りを通して、この切り出しを学んで下さい。 次の1~4にはこの他にも色々な言い方があります。貴方の好きな言い方で、旅行中に自然に使えるよう練習してみて下さい。
1. もう一度言って下さいますか? Could you say that again? 
2. すみません。よく分かりません。 Excuse me? I can't make out what you're saying.
3. 書いてくださいますか? Could you write it down? 
4. 日本語の分かる人はいますか? Is there anybody here who can speak Japanese?
 ⇒ 元に戻る
     


「 謝る 」 旅行中に迷惑行為をしてしまった時は、すぐに謝りましょう。スムーズな人間関係には、欠かせません。タイミングを逃さず謝ることで旅行を楽しく続けられます。 
1. 国内でくしゃみをして「失礼!」と言う人は少ないですが、海外旅行中は「 Excuse me! 」 と言いたいものです。 
2. それではより謝罪が必要な場合の言葉を覚えましょう。 大変ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。I’m sorry to be so much trouble.
3. 本当にごめんなさい。 I’m terribly sorry about that.
4. 陳謝します。 My apologies.
 ⇒ 元に戻る
     


「 飛行機で 」 旅行中の飛行機の中で、何かをしてもらいたい時やお願いしたい時に英会話できないのは困りものです。遠慮ばかりして機内サービスを受けられないのでは、海外旅行の楽しみが半減します。飛行機のサービスを満喫できるよう、旅行英会話をご練習下さい。
1. 寒い時は、遠慮なくもう一枚毛布をもらいましょう。もし風邪をひいたりして海外旅行中に医者にかかると、とんでもない医療費を請求される事がありますから・・・ もう1枚毛布をもらってもいいですか? May I have another blanket? 
2. マナーの問題として日本でもよく取りざたされる『 シートを倒してもいいですか? 』 は必ず言いたい旅行英会話のフレーズです。Can I recline my seat?
3. ステーキをおねがいします。 I'll have steak, please.
4. 時間通り(に到着しますか)? Are we on schedule? / Will we be arriving on time?
 ⇒ 元に戻る
     


「 入国審査 」 入国審査では、通常なら定型の質問をされますので、旅行英会話テキストで練習をしておけば安心です。おどおどしていると、怪しい人?になってしまいます。英会話が得意でなくても堂々と受け答えをしてみましょう。
1. ビジネス目的です。 I’m here on business.
2. 乗り継ぎのためです。 I'm in transit.
3. また質問に答える練習もしたいものです。Do you have anything to declare?
4. Are you here as part of a group?
 ⇒ 元に戻る
     


「 ホテルで 」 旅行先のホテルで何かを依頼する時は Can I ~ と Could you ~ を使ってお願いしてみましょう。このテキストにある全てを覚えるのは大変なので、どうぞ旅行先にこのテキストをご携帯ください。
1. 誰ですか?(ホテルのスタッフです)お入り下さい。Who is it? (Staff member here.) Come on in.
2. 金庫の使い方は、どうやりますか? Could you show me how the safe works?
3. 誰か私の部屋にきてもらえますか? Could you have someone come to my room?
4. 私の部屋代にのせておいてください。 Could you charge it to my room?
 ⇒ 元に戻る
     


「 観光案内所で 」 Information centerに行くと旅行先の色々な情報が無料で手に入ります。日本語の分かる人がいる地域も多いので、英会話に自信がない人は、日本語が分かる人いますか? と最初に確認すると便利です。
また、旅行ツアーやホームスティの案内だけではなく予約もしてくれる場合もあります。旅行中は活用してみてはいかがでしょうか?
1. すみません。観光案内所はどこですか? Excuse me! Could you tell me the way to the tourist information center?
2. 日本語のパンフレットはありますか? Do you have a brochure in Japanese?
3. 今日は開いてますか? Is it open today?
4. お奨めのレストランは? Can you recommend a popular restaurant?
 ⇒ 元に戻る
     


「 レストランで 」 注文する料理が決まったら、・・・を下さい。」< I would like …>と言って注文します。も使えます。もしメニューを見ても、分からない時は、「お勧めは、なんですか?」と、尋ねてみましょう。せっかくの海外旅行ですから、美味しい地元の料理をどんどん試してみたいですね。  
1. 窓際の席を3人分おねがいします。Can I have a table for three near the window, please? 
2. 静かな方がいいのですが? We'd prefer a quiet corner if possible.
3. 地元の食事はありますか? Do you serve any local dishes?
4. 今日のお奨めはなんですか? What would you recommend today? 
 ⇒ 元に戻る
     


「 緊急事態 」 海外の旅行先では深刻なトラブルを避けるために、現地の危険情報を予めしっかり調べてから出かけましょう。英会話が十分にできない人は、特に注意が必要です。 ホテルのフロントや現地の人たちに、外出のときの安全な時間帯、地域の情報をもらうのもよいかもしれません。
「動くな」、「手を上げろ」「伏せろ!」などの危険なフレーズを聞かずに過ごせる安全なご旅行を。  
1. 部屋に入れません。 I’m afraid that I’ve locked myself out.
2. 迷子になりました。ここはどこですか? I’m lost! Could you tell me where I am? 
3. だれか!! Somebody!! Help!
4. 全部あげますよ。(これが全部です。) Take it all. (That’s all.)
 ⇒ 元に戻る

     
  

旅行英会話のツボ

旅行英会話フレーズだけを繰り返し練習していれば、誰しもそのフレーズだけはスラスラ美しい英語で話せるようになります。 しかし、もし貴方が外国人と一度も喋った事の海外旅行初心者なら、旅行アプリや旅行英会話の本で覚えた 旅行英会話フレーズ をきれいに身に付けて、旅行先で使うとやっかいな事になります。
何故かと言うと、貴方の流暢な旅行英語のフレーズを聞いた外国人は、「あぁ、この日本人は英語が上手だ。」と思い込んでしまうからです。 その後には、遠慮なく普通のスピードの英語で貴方に話してきます。 
外国人に「この日本人は英語ができる」と 一度勘違いされてしまうと、後の祭りです。 もう貴方は、目の前の外国人の英語のシャワーを浴び続けなければなりません。( 何を言われているのか全く分からなくなります。) そればかりか、その後いくら「 Can you say that more slowly? (もう少しゆっくりお願いします。) 」と言っても、中々ゆっくり話してくれません。 これを何度か経験すると、もう貴方は 旅行中に、せっかく練習した旅行英会話フレーズを使うのが怖くなる のです。
このように旅行アプリや旅行英会話の本で旅行英会話フレーズだけを奇麗に身に付ける、という生兵法は怪我の元です。ではどうすれば良いかというと・・・

     
  
僅かな時間では英会話は全く身に付きませんし、ネイティブの言っている事はサッパリ分からないものです。ですから海外旅行先のレストランでも観光地でも、流暢に外国人と英会話するには、相当長時間のレッスンが必要です。
一方、カッコは悪くても、日本語交じりのカタコト英会話ででも、思いのほか英語は通じます。これなら、何とか単語を並べて喋る事が出来そうです。またそういうタドタドしい話し方をする事で、外国人には 『 この日本人は英語が分からないから、ゆっくり簡単な単語を並べて喋らないと、話が通じないな。 』と思わせる事ができます。 すると外国人のいう事も理解しやすくなり、いっそう英会話がし易くなります。
このコツをつかむと、外国人と話しやすくなり、旅行中の英会話コミュニケーションに自信が出来ます。
これを一番大切な事を実践するのが、デイリーコールのプチ旅行英会話レッスンです。これを経験してから渡航するのと、そうでないのとでは雲泥の差が出ます。とりわけ外国人と話したことのない方には、効果てきめんです。
また多少英会話ができるという方には、オリジナル旅行英会話テキストで、旅行英会話のフレーズを勉強されると、旅行が一層スムーズになります。
何れの方も、どうぞ渡航前に一度ご利用下さい。旅行英会話への不安を少なくして、夢を膨らますことができます。
        

電話レッスンは即効性アリ!

 

対面レッスンよりも高い、即効性

英会話の訓練に必要なのは「聴く」ことと「話す」ことです。電話レッスンでは、この「二つに」に集中できるので 効果的にレッスンを進められ、ご旅行直前でも短時間で高い成果が出ます
一方、対面レッスンやスカイプレッスンでは講師が見えます。実は この「見える」ことは「聴く」ことを大きく邪魔します。講師の姿が「見えているだけ」でも、大きな邪魔となるのですが、講師が表情や手を動かしてしまうと 生徒のリスニングへの集中力は途切れ、英会話訓練の効果を大幅に低減させます。
このような理由でリスニング訓練においては、「聞く」ことに集中できる電話レッスンの方が対面レッスンより早く成果を上げられ、即効性が高いと言われています。 ⇒ 元に戻る

講師が見えると✖という自然の摂理

例えば、かすかな「音を聴く」「匂いを嗅ぐ」「味覚を味わう」という時に、感覚を研ぎ澄まそうとして思わず目を閉じる事はありませんか?  実は、目を閉じるのは反射行動の一種です。 ⇒ 元に戻る

海外旅行英会話5

目の神経細胞の数は、耳・鼻・舌の神経細胞と比べて桁違いに多く、「目から入る情報の量」は耳・鼻・舌から入る情報量を圧倒・凌駕してしまいます。

海外旅行英会話5

だから「見ながら聴こう」、「見ながら嗅ごう」、「見ながら味わおう」としても、見えている事が耳・鼻・舌の仕事を邪魔してしまうのです。そこで人は目を閉じて、耳・鼻・舌の仕事を邪魔する「視覚」を、反射的に遮断するのです。
電話レッスンでは講師が見えないため、常にリスニングに集中できて 短時間でも破格の効果がでる のです。 ⇒ 元に戻る

海外旅行英会話25

スクートフォンを使ってレッスンを受ける事を想像してみて下さい。
スカイプなどで講師を見ながら旅行英会話の勉強をすると、「聞く」ことよりも「見る」ことに神経が集中してしまい、リスニング訓練にはなりません。

海外旅行英会話5

電話レッスンだから、常にリスニングに集中できて 即効性が生まれる のです。 ⇒ 元に戻る

海外旅行英会話5




初めての海外旅行では…

英語を話した経験のない貴方が、海外旅行で英会話を楽しむのは無理です・・・

泳げない人がいきなり海や川で泳ぐのと同じで、ある意味危険ですらあります。

そこで海や川で泳ぐ前にプールで泳ぎを練習するように、電話で手軽に英会話を練習できるのがデイリーコールのトラベル英会話ベーシック・プログラム。この旅行英会話レッスンを受けておけば、英語初級者の方も格段に海外旅行を楽しめるようになります。『 英会話スクールに通ってまで、海外旅行の準備をしていられない・・・ 』という方でも、電話英会話レッスンなら自宅に居ながらネイティブ講師とマンツーマンで、特有の旅行英会話フレーズを体得する事ができます。

海外旅行に行かない方もー

実際に海外旅行の予定がない方でも、海外旅行の雰囲気を味わえる内容です。

臨場感のあるイラストや講師とのやり取りも多彩で、楽しいひと時を過ごすことができます。

旅行英会話特有のフレーズを通じて、楽しい気分を電話英会話レッスンでお味わい下さい。